雨、時々、晴れ

ふたりぼっちなあのひとたち時々その周辺世代

今ここに君と約束するよ〜20170716KinKi Kids Partyにいってきました〜

 

 

きんきさんが好きだあああああああ!!!!

 

と改めて思い知らされたぱーりー2日目!書かなければ…これは、これは忘れたくない…!というわけで書き始めた今は帰りの新幹線です。れっつすたーと!


またまた今回もご縁をいただきKinKi Kids Party2日目に参加してきました。一昨々日ぐらいまではめっちゃどんよりしてたのに、ウェブ更新後から元気取り戻し昨日のレポ見てもうわっくわくが止まらなくてね!早くきんきさんに会いたい!と熱中症対策万全で横浜へ!でもあれだな、名古屋より暑くなかった気がする。風が気持ちよかった!

 

つよしくん今日かっこいいよ!〜スクリーンの向こうからこんばんは〜
の前に、今日のきんきコールと手拍子はんぱなかったですね!!私まだきんきコン3回目?くらいですけど、すごく揃っててすごく大きかった気がします。正直客席が映ったスクリーン見て既に涙腺緩んでた…ばか…あと15日、全席きたって言ってて、つまり払い戻しなかったんだよね?さいこうか!みなさんさいこうだ!!
さて、みんなで呼んで満を辞してつよしさんが登場!「昨日ラフすぎたから」とちょっとかっちりした格好してたつよしさん(あとから脱いじゃうんだけど)それ見たこーいちさんが「つよしくん今日かっこいいね!かっこいいよ!」って!ちょっと噂には聞いてたけどなんかド頭からいろんなもん溢れ出てんな!?つよしさんも「そうお?」ってまんざらでもないの、ほんとうに初っ端から何を見せつけられてるんだ感はんぱなかった。「別に横浜スタジアムくらいひとりでもいけるんですよ!」行きたいんですけどねってスタッフに足枷つけられて行けない体にしてるつよしさんに「俺無理だわ」ってぼやいてるこーいちさんに笑った。
で、こーいちさんも登場〜タキシード〜〜で、噂のTシャツには着替えてくれなかった!ずっとタキシードだった…見たかったのに…
年齢の話して「俺らと同い年の人!」「あ〜…くるでしょう、いろいろ」って言ったらつよしさんが「耳に気をつけてくださいね」って言ったんだけど、こーいちさんが笑いながら「耳と膝にね」って付け足したらつよしさんが可笑しそうに笑ったの、なんかほっとした。で、こーいちさんが右肩痛いとか言うから、左耳右膝右肩を順番に叩きながらニコニコしてるつよしさん…こーいちさん気づかなかったのかスルーしたけど割と長くやっててくっそかわいかった…

 

で、突発の突発で治療もしたけどこういうかたちになりました、何も決めてません、今日はつよしくんのとこはみんなが歌ってね!?とご説明賜りました。光「俺はハモ行くからね!みんなが主旋歌ってくれなきゃ『あれ光一全然違う歌歌ってる…!』ってなるから!」剛「まあ普段そういうことしてんだなあっていうのは分かるよね」光「…それ聞きたいがために歌わないとかはなしだよ!?」って訴えかけてきてて、フリ…?フリなの…?みたいなざわつきが周囲に広がってて、つよしさんがぼそっと「それ言わなきゃよかったんじゃないの…?」って言っててほんとそれな!!!

「だってほっとくとすぐこう(ぽかんと口開けてガン見)だから!」って疑いの目をこっちにむけながら、「遠くだと手とか振るのに近くだと大人しくなるのは何なの?何を見てるの?」って問いかけてくるこーいちさんにわーわー返したらこーいちさんが「ほんっと俺らのこと好きな!」って笑うから「やめてくれこーいちさんにそういうこと言われるの軽率にときめくからほんとにやめてくれ!!!」と悲鳴をタオルで押し殺しました。「俺きもちわるー笑」って笑ってたけどほんとやめてください心臓、心臓ツカマレタ…

で、へいつよし元気かい?を!歌う前につよしさんが「前に○$#♪€〆とか言った方がいい?」って言い出して「なにそれ?」「みんなが歌う前に『悲しみの涙で育った大きな木を(早口)』とか言った方がいい?」「あ〜さだ方式ね!」さだ方式とは。まさしか。やりたかったらやっていいよって2回くらい言ってたけど結局「迷惑にしかならないからやめとく」って笑うつよしさんは最高にかわいかったけど切なかった…そしてほんとにみんなで大合唱!なんだか新鮮で、楽しかった!つよしさんがスクリーンの向こうで口ずさんでたなあ。

 

で、なんだったかなあ?Gのボニバタと六甲おろしとなんとかの旅だったかな?笑
横浜スタジアムで流しちゃダメだと思う!笑」ってこーいちさんが言うのはベイスターズだからだったんだけどつよしさんが最初それにたぶん気づいてなくて「だめなの?」ってきょとんすると「ううんいいよ!」って答えてあげてたのめっちゃお兄ちゃんだし最高に優しかった。

 

あああああと薔薇と太陽!!「昨日やんなかったけど、そこにp-boneあるよね?」って言い出したくせに取り出したつよしさん見た瞬間「吹いちゃダメだよ!耳に悪いから!」って速攻止めるこーいちさん愛に溢れてた。しかも1回のみならず4回ぐらい繰り返した。挙句「昨日思いついちゃってさー送っといてって言っといたの」「そうやねん、今日入ったらあった」って、きんきさんわりとお互いの私物好き放題してるね…?(業務用クーラーの件然り)で、これきっとつよしさんが離れた場所からでもなるべく参加できるようにってこーいちさんが考えた結果なんだろなあって、やっぱり愛に溢れてた。溢れすぎてた。そう思ってあの「間奏見せ場だからね!!」の繰り返し思い返すとさあ…

俺はひとりで踊るから、と踊りだして、はい最初つよしくんパート!って、えええええこの歌はめっちゃ好きだけど難しくない難易度高くない!?!?と思いながらがんばった…低かった…かっこよかった…つよしさん荒ぶってた…
てかこーいちさんがp-boneまで用意して歌う!踊る!って言ったのに、シャルドネで歓声浴びながらちょっと照れ笑いしてるのかわいすぎない?完全にずるくない?こーいちさんがやるっていったんじゃん!心構えしといてよ!
で、このあとだったかな?めっちゃ暑そうなこーいちさん見て、「暑そうやな…冷房強めてあげたほうがいいんじゃない?」って言うつよしさん最高に笑う。こーいちさんが「ないよ!」って言いながらも、冗談でも絶対に「ずるい」とか言わずに「今は安静にしないとね」って繰り返すのほんとただの愛…

  

後輩たちがやってきた!〜おめでとうありがとう20周年〜
タッキーと勝利くんがきた!
タッキーはFRIENDSとか覚えてるって言ってて、勝利くんはまさかの今20歳だからついたことはなくて…って恐縮しまくってんのほんとただただかわいくていいこだった…ただタッキーと連れ立って出てきたとき「翼くんなんか華奢だし若返ったな…?」って思っちゃった…似てない?勝利くんと昔の翼くん…
で、勝利くんの顔まじまじ見て「お前イケメンだな!」って言うこーいちさんに、私の後ろの方に座ってた方が速攻「あんたが言うな」ってぼやいてたよ…分かる…
で、FRIENDS歌おう再現しようってなって、つよしさんが歌うとこ頑張って歌ってたんですけど、大事なこと忘れてた…私FRIENDS聴くといつ何時如何なる状況下にあろうと泣くんだった!!!というわけでつよしさん曰く「シュールな絵面」を見ながら号泣です。しゃーなし。こればっかりは私も謎なんや…
曲終わって、ごめんねえ?って謝るこーいちさんに「キンキさんの後ろに…!」ってお礼言う勝利くんほんとただただ最高にいい子。株ぶち上がり。

 

ロバ丸がきた!
びびったよねえ。そして亀梨くんはいないんだね…ってちょっと残念に思った…どうせなら、と思ってしまった…六甲おろしとか見てどう思ったの、と聞かれ「度肝抜かれました」と即答するゆっち笑う。「(なんとかの旅の)バイクの光一くんかっこいいと今でも思ってます」って上田くんまっすぐな瞳すぎてさらに笑った。
そしてカナブルとMistyで堂島さんと邂逅果たすゆっち…堂島さんが「中丸くん推します。上田くんも」って言ったらKAT-TUN推してください。3人で」って言ってたよね??ほんと、いいよなあそういうとこ。で、カナブルやることになった途端マイク放り出すふたりほんと後輩感強すぎるかわいい…で、「6人のときとまたフォーメーションが…」「6人のときとか言うなよ!どきどきしちゃうだろ!」ってあのこーいちさんにフォローさせるゆっちよ…笑
あと「振り返ってもどうしようもないクソガキだった」って頭下げる二人に「いっつもそれ言うよねえ」って笑いながらでも「そんなことないよ」とは絶対言わない挙句二人はけてから「ほんとにチャラかった」ってぼやくこーいちさんな!本人も言ってたけどせめているところで言ったげて…!

 

まっすーと内くんがきた!
こーいちさんのお気に入りをとりあえず困らせたいってやつ、ここまでくるともはや性癖だよね?(真顔)
そりゃつよしさんも「悪い子ぉやで」ってため息つくわ!夜中の2時に連絡きてドキドキしながら、でも恵比寿でいい花束買ってきてくれた内くんに謝ってあげてほしい(笑)「正直地獄です…」って取り繕いとか嘘がつけないのほんと笑える。面白すぎる。そういう意味では内くんと剛さんって接点さえあればわりかし仲良くなれそうな気がするんだけどなあ?私だけかしらそう思うの。
そして薄荷キャンディーをまっすーが!うたうめえ〜〜こーいちさんも「最後きもちよかった!」って言い出して、おおよかった〜と呑気に拍手してたら、「つよしくんと歌うときは目合わせるなんてしないんだよね。だって見なくても揃えられるから!」って笑ってて突然ストライクボール豪速球で投げてくるのやめてくれませんかありがとうございます。ただこーいちさんは最高に楽しそうだけどスクリーンの向こうにはあなたが作り出した複雑な空気感の世界があるのよ…(笑 )でも何となく距離縮めて、ふたりで揺れてんの最終的にめっちゃかわいかった。
最後にNEWSの15周年には行くよ、内引っ張って、って言われて、チェリッシュまでなら踊れるって返す内くんにほんと泣き笑う。

 

相葉ちゃん松潤のときはもはや登場時悲鳴だった!まさかまさかなメンツまで来させるじゃんきんきさん…!後輩後輩しててかわいかった…「覚えてますよ!(きらきら)」って感じ、幼いままやんけ…

愛愛とキスミスとか、いいよねえ!「やっぱ2人で歌うときんきさんなんだなって」って松潤いい子か!「T(バミリ)がある」って教えてくれた(たぶん)相葉ちゃんもありがとう〜〜
未満都市の話で「光一くん20年前と同じ帽子かぶってますよね!?物持ちいいなあと思って」「え、違うんすか!?」って言ってるふたりかわいい。ただそのあと相葉ちゃんが「剛さんの携帯傷だらけですよね」って笑わせてくれたあとに、剛「その傷俺見えてない…」光「まさか目まで…!」剛「目もかなあ!?」ってやめたげてください相葉ちゃんと松潤困った顔してたから!!笑っていいのかなあみたいな顔だったから!!今それネタにできるのこーいちさんだけだよほんと…笑

 

こーいちさんがゲストが出てくるたびに、ことごとく「そっちはダメだよ!つよしくんの場所!」って訴えるのもうかわいいとかそういう次元じゃないよねそろそろ…とうとい…たっといとも言う…
つよしさんが1回だけ「勝手に立ったらあかんで」って言ったときにも「そうそう。そこはつよしくんのための…」って言ってて、こーいちさんほんとこういうとき絶対間違えないのずるい…

 


愛、愛、愛しかない〜つよしさんとの音楽と、お約束〜
突発LOVE(仮)!詞できてない?ってお伺い立てるのほんとかわいいけどこーいちさんなのかな…?そしてサビとかだけでもって言われて数時間でABサビ書いてくるのほんとつよしさん…!
「完成じゃないけど…」ってちょっと躊躇うつよしさんに「完成じゃなくてもいいよ!」って言い切ったこーいちさんは、ただただつよしさんと何かをしたかったのかもしれないし、あるいはその様子を私たちに見せてくれようとしたのかもしれない。先の話なんて分かりません!なんて言う人が、私たちにたくさんの約束をくれようとしていたのかもしれない。あーーーもうほんとにさあ、このイケメン!スパダリ!泣くからやめてくれ!!惚れたらどうしてくれるんだ!!!※どうもしてくれません。
女性詞にしましたっていうつよしさんに「俺が曲作るといつも女性詞…」「ストレートだね、乙女だね、よく書けるよねえ…ほんとは女なんじゃねえの?」って褒めたかと思えばあらぬ疑いを突然かけるのやめたげてください!あなたがストレートなラブソング素敵って言ったんでしょ!こっちには証人がたくさんいるのよ!
歌詞の説明しながら「『離れた夜空に咲く花』は花火のことね。昨日話してたから」って言ってる間に花火ぼんぼん上がり出すの、どう考えても完全に仕組まれたストーリーだった。きんきさんのリアルは何でこう物語的なんだろうか。小説なら設定盛りすぎて「いや出来過ぎな展開!」とぶった切られるくらいの非現実的なリアルを作り上げてくる…
サビの「諦めのキスはまだしないよ 言葉にならないメロディ 聴こえないそのメロディ」のところ、泣くなという方がもはや無理。途中で足らない!と思って指で文字数えながら書き足してるつよしさん最高にかわいかったし、書き足した言葉が「会いたいよ」だったのただただ涙出る。「会いたいよ 大好きよ」って…
歌ってみたあと「『泣いてる』より『泣いている』の方がハマるよ」とかって作業始めちゃって、ごめんねって、いいのよ、そういうの寧ろ見たいよ!見せるの嫌いだろうけども!!
そして突発LOVEにはちょっと否定的なこーいちさん…ただつよしさんはすでに突発LOVEに「衝撃的な一目惚れみたいな」意味をつけた上で歌詞書いてくれてた!ここに新たな戦いのゴングが鳴り響く…!(「あなたvs愛のかたまり」の話、わりと好きなんですよ私)


そしてつよしさんソロは「青の時代」でした!一瞬「文字」が「餅」に聞こえて焦ったとか空気読めないことを言ってみる。
でもほんと綺麗だった…手拍子も、ペンラ振るのも忘れて聞き入ってた…ぶわあって空気震わせるみたいに、つよしさんの声が響くの。綺麗としか言いようがないくらい。で、終わったらじっと聞いてたこーいちさんが「ハゲ増しに聞こえてどきっとしたね!」ってほんと素直じゃない。でも「つよしくんの歌聞けてよかったね」って、どこまでも優しいんだ。


ロバ丸のあとだったかな、ふとこーいちさんが「つよしくんさ、歌うぶんには問題ないんだよね?」と言いだして、何かと思えば「ずれちゃうけどさ、遅れちゃうけどさ、一曲歌わない?」って、音声ずれるからできないんだよねって始まるとき言ってたのに、ああこの人、この人こそつよしさんと歌いたいんだなあって泣きたくなった。つよしさんはすぐに「うん、なんの曲?」って確か返してて、そりゃこーいちさんの「一緒に歌わない?」の誘いを断るわけないんだ。それでもずれを気にするつよしさんに、ずれてもいいから、どうなるかわかんないけどこのイベント自体がどうなるかわかんないんだから、と繰り返すのほんと優しい。愛しかない。愛でしかない。ただつよしさんてんぱってんのか、「こっちが早いの?」とか言うのかわいすぎた。普通に考えてそんなわけない。
「曲はさあ、…バラードのがいいと思うんだよね」って悩むような素ぶり一瞬見せながら「もう君以外愛せないかな」って言った瞬間、それ完全に決めてただろそれが歌いたかったんだろつよしさんとーーーー!!!すき!!!!ってなったよね。それ言われてさ、つよしさんが笑ったの。すごいかわいかった。…じゃなくて、いやかわいかったんだけど、この曲歌う前とか歌いながら、つよしさん何度か笑ったのね。それがこの日見せてくれたどの笑顔とも確かに違ったんだよ。楽しそうというか嬉しそうというか、ほんとうにわたしこの顔見られてよかったって思った。こーいちさんも歌ってる最中ほとんどモニターのつよしさん見てて、大丈夫って合図送ったり「次つよしくんに任せるよ」って言ったり、最後の「もう君以外愛せない 今ここに君と約束するよ」を、「よかったよ!最後よかったよ!」って何度も言ったり、ここピアノがつよしさんに合わせようとちょっとゆっくりにしてくれたんだけど、でもつよしさんは会場に合わせようとちょっと早く歌って、結局ずれちゃったんだけど、それでもほんとに私はこれ以上の優しさも愛も切なさも知らないよって泣いた。ふたりで立てたらいちばんよかったって何度かこーいちさん言ってたけど、それはやっぱりきんきさんが誰より思ってることなんだろうなって。
ところで、自分が「君が一瞬でもいなくなると僕は不安になるのさ」って歌って、つよしさんに「僕が一瞬でも弱気になると君は不安になるはず」って歌わせるのずるくない?こーいちさんだけの特権だけどさ、ずるくない??
「もう君以外 愛せない 今ここで君と約束するよ」って、もう最大で最高の約束だよ。待ってる。待ってるよ。何がどうなってどうなろうと、待ってるしかできないんだから。でも、約束をもらったから、ちゃんと待ってるよ。
こーいちさんも「こんなことやったことないよ!」って言いながら「いいことってわけじゃないけど」って、絶対につよしさんがあの場にいないことを肯定するようなこと言わないの。これ以上泣かせんでくれ!
ただいっこだけ、つよしさんが歌う前にずれを気にしてか「あいつ入院中にめっちゃリズム感狂ったと思われる…」みたいなこと言ってて、ほんと申し訳ないけどめっちゃ笑った。

 

何気ない今日という日が僕らの記念日〜今度は冬に、ふたりで〜
時間が過ぎるのは早かった…最後ですってAnniversary歌ってくれて、歌わせてくれて、ほんとうに素敵な時間だった。つよしさんが黙々と絵を描いてるのをチラッと見ながら、何言うでもなく、あにば歌うこーいちさん。
歌い終わりと同時に絵を見せてくれて、「あなたは本当に絵が上手だね」ってこーいちさんが笑ったの。それに対してつよしさんが「昨日も言ったけど、僕も君の絵結構好きですよ」って。きんきさんのそういうとこほんっと愛おしいんだ…


堂島さんがはけるときに、実は突発LOVE以外にもう1曲あるんだよねーって言いだしてざわざわ!「思いついちゃった」ってこーいちさん笑ってて、「思いついちゃった」ってなにそれーーーって。きっかけはなんだろうな、陽炎なのかな。でも後押しというか、突発LOVEを完成もしてないのにステージでやって見せたのは、今回の件があったからだろうなあ。

これ作って冬にドームでふたりで歌おうねって、やさしいやさしい約束だった。待っててねって私たちへの約束と、何より、待ってるねってつよしさんへの約束。やめてくれよおいつもの思春期みたいなやつときみまろ芸で覆い隠してる照れがなくなったらこーいちさんただの男前なんだからあああ

 

そのあとステージに二人になって最後のご挨拶のとき、つよしさんがきっとたぶん泣いちゃいそうだった。でも、言葉に詰まったり、声が震えたりするたび、こーいちさんがそのあとを拾い上げてて。
それでもなんとか伝えてくれようとするの、絶対邪魔しないくせに、こーいちさんへの感謝とか謝罪だけは遮るもんだから最高に優しくて切ない。
つよしさんが「光一にたくさん迷惑かけちゃったから、恩返しできるように」って言ったの遮って「いやいや、いろんなことに気づけたから。お互い様だから」って返したのほんとこーいちさんだし、それでもそれに頷かないで、「恩返しできるように」って続けるのもどこまでもつよしさん。

スクリーンの向こうで笑ってくれてたつよしさんが、私たちを楽しませようとしてくれてたつよしさんが、本当は見えているよりきっとずっとつらくて悲しくて寂しいんだって思う。何の気なしだっただろう「迷惑にしかならないから」って言葉とか、何度も繰り返される「僕の立場で言えたことではないけど」って言葉とか聞いてると、切なくてしかたなかった。
剛さんが「光一くんが、………辛いこととかあったときは、存分に甘えていただいて」って言ったの泣くよねえ…ほんとに、「光一くんが、」で一回止まっちゃったの。つよしさんは今つらくて、悲しくて、こーいちさんに甘えてるって思ってしまってるんだなって。それに対して光一さんが「俺は人生謳歌してるから辛いことなんてないの!お前楽しいぞー人生!」って茶化して返すのもほんっとさあ!「そう言ってる人ほどですから」って、つよしさん全部わかった顔して笑うんだ。

 

極め付けが
「ね、がんばろうね、つよしくん」

だよ!泣くでしょ!泣くよね!?もうほんとにただやわらかすぎる、やさしすぎる世界だった…真綿だ、あのおひとはつよしさんを真綿で包んでしまおうとしている…!

 

おかしな意味じゃなく、本当にあのふたりは
お互いが大切で、きんききっずが大切なんだって当たり前のことを改めて教えてもらった気分。切なくなるほど、いとしいほど、お互いに対して優しくて真っ直ぐで誠実なんだって思う。それをつくづく感じたパーティーでした。

 

 

私にできることなんて結局、二人が決めたことに対して「分かった!がんばれ!応援する!」ってことぐらいなんだよなあ。それがそのときにできる最善だって信じることくらい。
だからきんきさんには、いつだってお互いにとってそのときの最良の選択をしてほしいんだ。

BESTな選択ができるなら、それに越したことはないけれど、何をとってもBESTにならないときもある。そうなったら、Betterな選択をするしかないんだ。これから何がどうなって、きんきさんがどんな選択をするのか分からないけれど、それでも二人が選んだ結論を、応援すると言いたい。

 

ただ不思議なもので、パーティー以降、不安なんて消えちゃったみたいにどこにもない。きんきさんはどうあってもきんきさんで、こーいちさんはつよしさんの居場所をあけて待ってくれてるし、つよしさんはそこに戻るために全力を尽くしてくれてる。何よりきんきさんが、今度はドームで二人揃った姿でって約束をくれたから。なんかもう、それだけで大丈夫なんだなって。きんきさんは大丈夫なんだから、私たちは払えるときに金を払いながら待ってればいいんだなって思いました!(結論)

 

最後になりましたが、きんきさんデビュー20周年本当におめでとうございます!これからもお二人の前途に、幸多からんことを!

 

 

(ただいま17日の21時半です。わりとがんばったんじゃないかなわたし…)